ターンオーバーを整えて、肌トラブル改善

ターンオーバーとは、皮膚膚細胞の生まれ変わり、つまり細胞の新陳代謝のことで、これが乱れると改善するまでに最低1ヶ月、最長数か月と掛かります。そして、肌がくすむ、基礎化粧品などが浸透しにくい、しみやしわができる、乾燥肌や敏感肌になるなどの肌トラブルが起きます。このような肌トラブルがあればターンオーバーが乱れている証拠ですので見直しが必要です。ターンオーバーが早くなることで、成長段階の状態の細胞が、肌の表面にきてしまうので肌表面が弱くなり、敏感肌や肌荒れになります。一方ターンオーバーが遅れると、垢などの老廃物が残って肌の表面が覆って角質層が詰まり、肌トラブルが起きます。ターンオーバーを整えるには、洗顔できれいに汚れを落とした後は基礎化粧品などで水分補給し、保湿クリームで保護します。この人工的な皮脂膜を作ることにより乾燥を防げます。それと、入浴して2.3時間後に寝ることによって一度上がった体温が下がって寝つきが良くなります。ターンオーバーは眠っている間に起きています。特に成長ホルモンが分泌される夜の10時から深夜2時の間は肌のゴールデンタイムで、ターンオーバーが行われますのでこの時間帯は必ず寝るようにしてください。